こんにちは。ふーまです。

 

今日はイベント集客のコツをお伝えしていきます。

実は以前はイベンターを名乗って活動してました。

規模は30300人の開催をしてました。

そこで培った集客のコツを書いていこうかと。

 

累計2000人以上集めたノウハウです。

 イベントの集客のコツ

結論から述べると

 

  • ブランディングをする
  • コツコツとネット×リアルで発信する
  • 仲間を集める

 

 

これに尽きます。下記で解説していきますね。

 

ブランディングについて

なぜブランディングが必要かと言うと

 

イベント参加する際のお客さんのステップは

認知→検討→参加or不参加の順であって

 

ただ「イベントしますー皆来てねー」では、

何ができるか?何しているか?

わからず検討の段階にすら入らないわけですね。

 

何をしている集まりなのか?

これを理解してもらいまずは検討してもらう必要がある。

 

開催しても来てくれないほど寂しいものはないので

ブランディングは確実にしましょう。

 

ブランディングを簡単に言うと

〇〇=これ

と言った認識を来る側の人にもってもらう事

 

例えば

アサヒスーパードライ=ビール

ナイキ=スポーツブランド

 

この名前聞いたらこれって

思い出せる状態がブランド化されているってことですね。

 

この名前は〇〇しているイベントと、思い出せる状態にする事がベスト。

 

ブランド化して認知をしておけば、

ある時にふと思い出す可能性があるわけです。

 

そしたらいつやるんだろう?と調べ検討に入り。

そこから来るか、来ないかを考えだす。

まずは認知を得る為に、ブランド化させていきましょう。

 

ブランディングのコツ

  • ポジショニング:どんなイベントなのか?どんな立ち位置のイベントなのか?
  • ターゲティング:どんな人達に来てほしいか?
  • 目的:その人達にどうなってほしいか?

 

例えば

僕はEITO(エイト)って飲み会イベントを

名古屋で多い時は月5回開催してました。

その時に決めてたのは

 

ポジショニング:名古屋の夜を楽しむための中規模イベント

ターゲティング:20代前半の週末の予定が空いている会社員

目的:週末の夜に楽しめる居場所を作る。平日頑張る活力を与える。

 

これらを明確にして、リアル、ネットで発信していった。

これらを明確にする事で、発信の幅が絞られターゲットの目に留まりやすくなる。 

 

コツコツ発信

なんのイベントするかには寄りますが、ネットの発信ツールのおすすめは、

20~30代がターゲットの場合はツイッター&ライン@がおすすめです。

 

理由としては拡散力があるため、

認知→検討→参加or不参加の認知の部分に効果的にアプローチできるためです。

※2019年5月時点

 

基本的な戦術ですが

ツイッターは毎日投稿と、ターゲット層のフォローを欠かさず実施

プロフやツイートに定期的にライン@のQRコードを貼り登録を促し

ライン@でコミュニケーションを取り動員に促す。

これが基本的な戦術です。 

 

そして僕はリアル×ネットで集客を勧めるが

ネットだけでイベントやっているから来て~と集客している方も多い。

これは楽したい人間の気持ち的にはわかるが

 

残念ながらネットだけでの集客は

ブランディングされた後で無いと無理

(実際ネットだけで来たら楽ではあるんですが、、、)

 

何回か開催し、ブランディングと発信を続け

初めてネットだけで集客が完了する。

 

最初はリアルで友人に声かけたりも必要にはなる。

 

だからブランディングと、コツコツ発信は大事。

 

仲間作り

ここまで書いておいてコツとして最も大事なのでは無いか?と思われるのが、

 

一緒にやる仲間作り。

 

ぶっちゃけ、仲間がいないと拡散ってきついんですよね。

1人だけでやってるイベンターさん凄いなと思います。

 

仲間を集める為にも、ブランディングしているわけで、

同じ思いを持った仲間を増やしましょう。

 

ちなみに仲間内で拡散って何かサクラ感が在って

嫌な感じある人もいるかもしれませんが、

これかなり大事。

 

キャンプファイヤーの炎と一緒なんですけど、

炎って燃えてて、燃えてる素材(まきとか)が多ければ多いほど勢いを増して

周りを燃やしていくんですけど、

最初の燃えてる素材が、主催者や一緒にやる仲間なんですよね。

これが少ないと、火は小さくイベントの成功はキツいですね。

 

サクラみたいで嫌でも、結果としてイベントに来てもらって

価値を提供できる方が目的なので、良い方向に考えてみましょう。

 

そのためにもまずはお客さんではなく、仲間を集める所から始めましょ。

 

集める事を目的にしていたら、すでに失敗している話 

ここまで話してきて集めるコツを伝えてましたが、

ここからは考え方の話になります。

 

集める事が目的に変わってしまうと、

集客の際にとにかく来て来てとゴリゴリになりがち。

これをしてしまうと

 

一回目はなんとか集まっても

二回目以降が集まりにくいです。

 

理由は、お客さんはお願いされてきている状態なので、

呼ばれたから仕方なくきたと、

イベントを見る目が最初から減点方式になります。

そうしたら悪い点に目が行ってしまい、ささいな事で満足度が下がります。

 

必要なのは来ていただく方を最大限楽しませる想い。

目的は来ていただいて満足して頂く事に設定しない事には

お客さんの心を動かす言葉は出てきにくいです。

 

接客や営業の世界で当たり前の事なんですが、

イベントの成功に目が行き過ぎて、

意外とこれが抜けてしまいがちな人も多いです。

何事も初心は大事ですね。

 

定期的にイベント開催するとメリットだらけ

 

これはブログや、SNS等で言えば毎日更新と一緒なんですが、

 

定期開催×ブランド化していく事で

ファンが付きます。

 

ファンが増える事により様々なメリットがあると僕は考えます。

 

  • 一緒にイベントをしたい思いの仲間が増える
  • リピーターが増える
  • 何か他のビジネスにつながる可能性がある

 

少しビジネス的に考えれば、

顧客の接点、自分のブランド化としては

小規模のイベントをクオリティ高く開催していれば勝手についてきます。

 

大事なのはクオリティは高くしていく事。

クオリティを高くってのは別な言い方をすれば

顧客満足度が高くなれば良いです。

 

この繰り返しでファンが増えれば、

2次、3次と次のビジネスに繋がっていきます。

 

他にも例を挙げればきりは無いです。

定期開催とブランド化はメリットだらけ。

 

デメリットがあまりない+失敗しても痛手は少なく設計する事もできるので、

個人事業主や、ブロガーさんも含め開催するのはお勧めです。

 

小規模のイベント集客はマーケティング程の小難しい知識は要らないので、

参入障壁はかなり低いです。

 

イベントに関して質問あったらツイッター、DMあたりで聞いてください。

仕事の関連記事
  • 文章構成で劇的に変わる!相手に伝わる文章を書くたった1つの方法
  • 【本質論】フリーランスの仕事の取り方【安定性抜群】
    【本質論】フリーランスの仕事の取り方【安定性抜群】
  • 脱サラしたい人へ脱サラの仕方と体験談【フリーランスへの準備】
    会社を辞めるべき人はこんな人【辞めるか迷っている人必見】
  • マルチタスクorシングルタスク【生産性が高いのはどっち?】
  • おすすめ副業、おすすめしない副業【副業は再現性を意識したら良い】
  • 売れる営業になる3つの方法【誰でもできる準備】
おすすめの記事
仕事
目次 ステージ1「パワーセールス」ステージ2「行動セールス」ステージ3「ギブ&テイクセールス」ステージ4「コンサルティングセールス」ステージ...