自己肯定感

自己肯定感

こんにちは。ふーまです。

今回は自己肯定感の上げ方【ビジネスの成功もここから】というタイトルで進めていきます。

「そもそも自己肯定感ってなんだろう?」
「自分には自己肯定感は上げれないんじゃないかな…」
「ビジネスとどう関連するの?」

このような思いありませんか?

この記事では、自己肯定感の上げ方や、上げた時のメリットに関して解説しています。

 

僕は22歳まで自信無し→何ごともできないと思う→何も挑戦しない→結果出ないループでした。

 

その僕が心理学を学び、今はベンチャー企業からヘッドハンティングを受けて仕事をしてます。

 

なので自己肯定感は上げれることを下記で解説していきます。

自己肯定感の上げ方【ビジネスの成功もここから】

上げる

 

結論から言えば、自己肯定感は

 

認識→自己受容→自己肯定のステップで上がります。

 

理由はこのステップを踏まないと、

いきなり自己否定から→自己肯定しようと思っても困難だからです。

 

なので、まずはこのステップを理解しましょう。

 

下記で分解して解説します。

認識とは?

今のあなたの思いを具体的に知ること(認識)です。

まずこのステップからする理由は、まず自己肯定感を下げている要因の理解から始めないと、どう上げて良いのかわからないからです。

 

下げている要因を見たら余計に、下がりそうと思う方もいると思います。

 

例えばアスリートでケガをしてて、ケガを無視した練習したら、ケガは悪化しませんか?

 

ケガを認識して、適切な対処をして、回復をするのと同じイメージです。

 

方法としては自分の思っていることを書き出しましょう。

 

例えば下記のように自信のないことを書いていきましょう。

「ぼくは仕事ができない...だめなやつだなー」
「わたしは必要とされてない...ここに居たら悪影響だ」

ポイントとしては、ぼく、わたしなどの一人称をつけて書き出してみてください。

まずは思っていることの認識から始めましょう。

 

自己受容とは?

書きだした内容を自分はこう思っているのかと、フラットに受け止める事です。

ここで大事なのは、思っているんだと受け止めるだけにします。

 

理由はここでいきなり、これは良いことだ!と肯定しようとしてもできないからです。

まずはこれを思っているのだなと、認識して受け止めるだけです。

 

いい例の例えは

「ぼくは仕事ができない、なんてダメなんだ…価値の無い人間だ」では無く
→「ぼくは仕事ができない、そう思っているんだな」
と最初に出てきた文章に、そう思っているんだなと付け加えることです。

そうすることで受け止めやすくなります。

 

この受け止めるステップができて初めて、自己肯定に移ります。

 

自己肯定感とは?

自己肯定感とは、自分を認めてあげるステップです。

自分を認めてあげる事で、自己肯定感を上げることができます。

 

例えば

「ぼくは仕事ができない…迷惑かけてばかりで価値が無い」
→「僕は仕事ができない...でもこれから覚えていけば良いんだ!」
 「わたしは必要とされてない…ここに居ちゃダメなんだ」
→「わたしは必要とされてないことは無い…ちゃんとここに居て良いんだ」

と自分に許可を出してあげるイメージで向上していきます。

 

具体的な方法案

方法論

 

自己肯定感を上げるための具体的な方法案は 

・毎日記録ノートを付ける
・小さな成功体験を重ねる

 

上記の二つです。

 

毎日記録ノートを付ける

これはノートを付けることによって、自己受容を満たすことができるからです。

書くと良い項目は

 

・その日何をしたか
・その時どんなことを感じたか?
(ネガティブなことでも、過激なことでも何でもOK)

この感情を隠さずに書くことが重要です。

誰にも見せなくて良いのノートを書いてみましょう。

 

小さな成功体験を重ねる

これは成功体験を積み重ねるこことによって、自分はできると思い込んでいくことです。

 

例えば、

「ダイエットで10kg痩せることを目標にしたなら、腕立て10回できたから良し」

 

というように目標を小さくして、できているとしっかり認識していくなどです。

 

自己肯定感を高めた時のメリット

自己肯定感を高めた時のメリット

自己肯定感を高めると、ビジネスの現場にも役立つので、低いと思うかたはぜひ上げる行動ととってみると良いかと思います。

 

下記にまとめます。

・できる気持ちになり行動的になる
・周囲のことを認められるようになる

などがあります。

 

できる気持ちになり行動的になる

人間心理的に、できないと思うと活動量は下がり、

 

できると思うと活動量は上がります。

 

例えば、ビジネスも売上100万円上げてと言われて、

 

「自分ならできる」と思えればチャレンジしますよね?

 

逆に「自分にはできない」と思ったらそもそもチャレンジしないですよね?

 

そのため行動的になります。

 

周囲のことを認められるようになる

 

これは自分を認めれると、周りの人の良いところも見るようになります。

 

自分が「できる」と思っていると、相手の人の「できる」ポイントも無意識で探します。

逆にあら捜しばかりしている知人で、自身満々の人いますかね?おそらく少ないはずです。

 

まとめ

まとめ

自己肯定感を上げる方法のまとめは

・認識→自己受容→自己肯定の順で上がる
・毎日記録ノートを付ける
・小さな成功体験を重ねる

 

上記の通りです。

 

自己肯定感を上げたら今度は下げにくくするために、こちらの記事もおすすめです。

 

パフォーマンスが上がる【ブレない自信をつける本当の方法】パフォーマンスが上がる【ブレない自信をつける本当の方法】
2019.6.1
こんにちは。ふーまです。 今回はパフォーマンスが上がる【ブレない自信をつける本当の方法】についてです。   「自信が無い」ことは機会損失を多く生みます。 もちろん過剰でもよくはないですが。   例えば 「仕事のパフォーマンスが下がる」 「憂鬱な気分になりやすい」 「自分で意思決定ができなくなる」 ...…
自己啓発の関連記事
  • メリット
    素直さは最強スキルの理由【人生変わる簡単な方法=素直に生きる】
  • 【当てはまりたく無い】貧乏になる特徴が発覚【5つの残念な特徴】
  • 【0から独立】0から始めてフリーランスで成功する3つの方法
  • メンタル安定
    メンタルを安定させる方法【幸福度アップする】
  • やりたいことがわからない【3つのやりたいことの見つけ方】
    やりたいことがわからない【3つのやりたいことの見つけ方】
  • 行動している
    行動しない人の心理と対応の仕方
おすすめの記事