フリーランスもチーム戦はあり【これからの時代の生き方】

こんにちは。

ふーまです。

 

今回はフリーランスもチーム戦はあり【これからの時代の生き方】に関してです。

 

「フリーランスってどうやってチーム作るの?」

「フリーランスのチームって効率は良いの?」

「作ってみたけど注意点はなんだろ?」

 

上記のような思いに答えていきます。

 

筆者はフリーランス時代に30人のチームを作って営業代行をしてたり、20人のスタッフとともにイベント団体を創ったりしてました。

 

おかげで、僕にできないことをしてくれたり、自分しかできないことをして利益を上げあってました。

 

その経験談も含めて下記で解説していきます。

フリーランスもチーム戦はあり【これからの時代の生き方】

フリーランスもチーム戦はあり【これからの時代の生き方】

そもそもフリーランスがチームを組んで仕事するメリットってあるのか?

 

結論言ってしまうと、メリットはあります。

 

むしろフリーランス一人で、できないことができるようになる事が多いです。

 

チームを組むメリットは下記で解説していきます。

 

売上を上げることができる

チームを組むことで売上が上がることがあります。

理由は、今まで受注できなかった仕事を受注できるようになったり、売れなかったものを売れるようになったりするからです。

 

例えば

・「プログラミングできるけど、デザインできない…」
・「商品はあるけど、営業やマーケティングが苦手で売れてない」

上記のような状況の時に、チームは力を発揮します。

 

デザイナーと組んだり、営業マンと組んだりなど

苦手なことをカバーしてくれる人材と組むことで、売り上げが上がることがあります。

 

筆者は営業代行を、独立当初からやり、良いサービスではあるけど、世に出回ってないものを販売したりしてました。

 

得意なことに集中ができる

他のメリットは、自分の得意なことに集中することができることです。

これにより生産性が上がります。

 

理由は、苦手な分野は伸ばすことに時間と労力が掛かるからです。

また仕事として苦手な分野に取り組んだ時に、どうしても得意な人のクオリティには勝ちにくいです。

 

日本の教育だと、スペシャリスト(特化した人)よりジェネラリスト(全体的にできる人)を目指す義務教育があります。

 

大きく稼ぐ人には多い特徴として、何かに特化した専門分野があります。

 

実際僕もそうなのですがセールスの専門家から、マネジメントの専門家になり、今はマーケッターとして活動をしてます。

 

一個一個極めつつ、やってみて必要のないものは辞める選択をしてきました。 

さらに得意ではない、経理などは税理士さんに任せたりもしています。

 

こう言うと、全部できた方が稼げるじゃないかと言う人も居ると思います。

それは僕も思いますが、やりたくないことまで、極めなくてもいいのかとは思います。

 

フリーランスのチームの作り方

フリーランスのチームの作り方

フリーランスのチームの作り方についても解説していきます。

目的、どんな役割の人が必要か決める

まずはこの二つを決めましょう。

どんな目的で、それに対してどんな役割の人が必要か?そこを明確にしないとチームは組めません。

 

知人に声をかける

次は知人から必要としている人材に声をかけていきます。

これは当たり前ですが、知人の方が仕事はスムーズに進むからです。

 

ですが、仲がいい人と組む時ほど注意が必要です。

何に注意するべきかと言うと、組む友人の実力を過剰評価することに注意が必要です。

 

仲が良いことから、実力以上にパートナーを評価してしまいがちなのでそうすると、予想外のミスが起きることもあるので、実力は等身大でみるようにしましょう。

 

ネットで声をかける

クラウドワークスなどは、チームを組むようなサービスもあります。

また各種マッチングアプリなどで、募集をすることもできるので、近くにいない時はそういったネットサービスから声をかけていく方法もあります。

 

この際に注意点は、組む相手が何が得意なのか?明確にしてから組まないと、あとあと工数が増えます。

 

チーム作りの注意点

チーム作りの注意点

チームを作っていくにあたって注意点もあります。

人数が増えれば増えるほど、価値観の違いが出てくるので、そこで折り合いが合わなくなってくるからです。

 

下記で解説していきます。

 

責任者を決める

責任者(リーダー)を決めないと、効率は悪くなります。

 

理由としては何か混乱が起きた時に、最後にまとめやくが居ないと、議論が着地しなくなってしまうからです。

 

とは言え上下関係を創れというよりも、役割として決める方がよいので、上司部下の関係にならないように注意していきましょう。

 

給与の割り振りをある程度決めておく

これも決めておかないとあとでもめます。

僕も完全にもめた経験があり、ここは決めておかないと後で後悔します。

 

業務分担を明確に決めておく

これも必要で、決めないと逆に誰がどこを着手したか不明になり、確認に時間を使ってしまうケースがありますので、注意が必要です。

 

これからの生き方

これからの生き方

個の時代と言われてますが、より資金を集めている人はと、個でも生きていける人が小さなコミュニティを作って行ってます。

 

例えばユーチューバーの事務所も集ですし、オンラインサロンなどもそうです。

 

少数の経済圏を形成して、その中で経済が回るようになってきている時代です。

 

個として圧倒的スキルが無い人にとってはチーム戦じゃないと勝てない時も多いです。

なんなら個として上手くやり切れる人の方が少ないので、コミュニティの作り方を覚えていくと良いかと思います。

 

やり方としては、交流イベントの開催はハードル低いのでお勧めです。

 

集客の仕方はこちらの記事にまとめておきましたので、参考にしてみてください。

 

イベント集客のコツ【ブランド化をさせれば自動集客】イベント集客のコツ【ブランド化をさせれば自動集客】
2019.5.31
こんにちは。ふーまです。   今日はイベント集客のコツをお伝えしていきます。 実は以前はイベンターを名乗って活動してました。 規模は30~300人の開催をしてました。 そこで培った集客のコツを書いていこうかと。 累計2000人以上集めたノウハウです。  イベントの集客のコツ 結論から述べると ブ...…
仕事の関連記事
  • 文章構成で劇的に変わる!相手に伝わる文章を書くたった1つの方法
  • 【本質論】フリーランスの仕事の取り方【安定性抜群】
    【本質論】フリーランスの仕事の取り方【安定性抜群】
  • 脱サラしたい人へ脱サラの仕方と体験談【フリーランスへの準備】
    会社を辞めるべき人はこんな人【辞めるか迷っている人必見】
  • マルチタスクorシングルタスク【生産性が高いのはどっち?】
  • おすすめ副業、おすすめしない副業【副業は再現性を意識したら良い】
  • 売れる営業になる3つの方法【誰でもできる準備】
おすすめの記事