こんにちは。

 

ふーまです。

今日は個人向けサービス(もの)の

営業のコツについてでも書こうと思います。

 

個人向けってジャンル色々ありますよね。

ライザップのような無形のサービスから物販のようなもの。

 

営業ではなくとも、販売員さんもBtoCですね。

 

僕は営業代行を5年間したのですが、

様々な無形、有形のものを販売してました。

 

報酬はストック型のもあれば、

単発の物もあったり様々です。

最高月収は100万をこえたり。

 

おかげで営業職に関しては、

何社か転職のお声がかかるほどに

給与は50万スタートを提示してもらったり。

今の所は金額より目指す方向的な所でお断りはしているが。

 

扱ったものの例としては

・コンサルティングサービス

・海外投資信託

・イベント

・不動産

・就職支援のリクルート

・インフラサービス

・格安sim

 

上げるときりがないのですが、

全てお客様のためになると思ったもののみです。

単価は数千万から0円のものまでバラバラ。

扱った時期もバラバラ。

 

そんな僕が5年間やってきて

成約を上げ続けるコツみたいなのを紹介します。

1マインドセット

ここが一番大事でした。

営業って自分のコンディションが成果を一番左右されるんですよね。

※これだけ聞くと精神論信者みたいですが、精神論だけではないです。

 

スポーツとなんら変わらないです。

だから上達もすれば、スランプもある。

 

書籍として参考にしたのは

 

  • 思考は現実化する/ナポレオン・ヒル(著)
  • 嫌われる勇気/岸本一郎  (著), 古賀史健  (著)
  • 営業マンはお願いするな/加賀田 晃 (著)

 

営業のマインドに関してはこの3冊で十分なんじゃないかと思います。

成果の上がらないマインド

  • 自分の事だけ考えている
  • 我欲だけで営業している時
  • お客様と会っている時に数字の事を考えている
  • お客様に嫌われたくない精神の時

 

※逆にボランティア精神だけでも良い人で終わってしまうのですが。

 

これらの時は調子がよくないです。

理由としては目の前の方に集中できておらず、

ヒアリングや提案も自分よがりになってしまうから。

成果の上がるマインド

 

・どんな方なんだろうか?興味津々!

・この人のために何ができるんだろうか?

・相手は何をしたら喜ぶのか?

・嫌われても良い

 

お客様に集中している状態だと、

求めているものが鮮明に見えてきたり、

売りて側も商品購入後にお客様がどうなっているか

想像しやすく、必然的に提案も受け入れられやすくなります。

 

お客様の事を集中して

考えられる状態を日々作るのが大事です。

 

悩み事等は早めに解決しておきましょう。

2.自分を売る

よく聞く話ですが、ここも大事。

仲良くなって、そういえば仕事何しているの?

なんてそんな状態でも成約につながる事もありました。

 

僕の中で自分が売れている定義は、

「この人になら騙されても良いや」

と思える信頼が生まれている時です。

実際は騙したりしないんですが。

 

では実際どうやってその状態になってたか?

 

それは以下の二つを気を付けていました

 

・相手価値観の承認

・自分の人生のストーリーを語ってました。

 

価値観の承認

 

お客様「この映画好き」→自分「いいね!僕も好き」

お客様「この店好き」→自分「かっこいいね!」

 

とか相手の大事にしているもの、

好きな事を良いところ見つけて自分も好きになる。

 

大事なのは無理はしなくてもよい。

嫌いなものは嫌いでよいが、その中でよいところを見つけるこれが大事。

大きく考えればどこか良いところがあるから、相手の方は好きになったのだ。

 

人は誰でも自分の好きなもの、大事にしている事に共感を得れたら嬉しいものだ。

 

自分の人生のストーリー

失敗談とこれからのビジョンを語っていた。

 

例えば失敗談は、

学生時代のいじめられ体験、

低学歴、もてなかったこと等

ダメダメな自分を語り、その後未来のビジョンを語っていた。

 

よくある成功者の自伝とかもこの方法で語られている。

壮絶な過去から、きらびやかな成果。

でも僕は凡人なので人に語れる成果は最初はなかった。

 

ではどう語ってたのか?

例えば未来のビジョンは

「20代の教育して自分の好きな事で仕事をし、

満足のいく収入を得ていく人を増やす」

「それで収入上がった人達が所得税を多く収め、

日本のインフラ整備や、福利厚生の充実化による日本経済の活性化をさせたい。

そのために今色々とチャレンジしている」等

 

日本経済復活を自分からさせると言うでかい夢を語った。

 

もちろん想いは本当

様々な方とお会いし、本当は別な仕事をしたいけど

何かできない理由を考えて、無理だと考えている人が多い。

その現状は変えなければいけない。

 

ただできる確信はどこにも無い根拠のない自信だった。

 

未来の事は言った後にこれから本当にしていけばよい。

嘘に見える?未来なんて誰もわからないのだから、

やりたい事くらいは語ろう。

 

そして言ったらどうしたらやれるのか考えて行動を起こすだけだ。

 

弱者の戦略として、

お金も

時間も

人脈も

スキルも無い

なら何で勝負するのかと考えたら、はったりと行動量だ。

 

言う分あとから必ず本物にしていこう。

 

3.継続

ちょっとやってうまくいかない。

商品変えたら売れると言ってた人間が多くいたけど、

これは幻想だと思う。

 

大事なのは修正かけつつの継続。

 

継続して上手くいくコツをつかむことだ。

 

どんな事でもそうだが、

ただ継続するだけでは残念ながら報われない。

 

修正をかけて、正しい努力を必要量する必要がある。

あとがき

なんでも売れる営業マンを目指したら

本当になんでも売れるようになった。

ただ根本には日本良くしたい思い。

志がある。

 

なんでも売れるtoCの営業マンになるには

志と、相手を思う気持ちがあれば誰でもなれる。

 

営業が嫌いな人は、

志とリンクしてないものを扱っている可能性が高い。

もしくは志が設定されてないか?
その時は再度設定していくのが良い。

 

仕事の関連記事
  • 文章構成で劇的に変わる!相手に伝わる文章を書くたった1つの方法
  • 【本質論】フリーランスの仕事の取り方【安定性抜群】
    【本質論】フリーランスの仕事の取り方【安定性抜群】
  • 脱サラしたい人へ脱サラの仕方と体験談【フリーランスへの準備】
    会社を辞めるべき人はこんな人【辞めるか迷っている人必見】
  • マルチタスクorシングルタスク【生産性が高いのはどっち?】
  • おすすめ副業、おすすめしない副業【副業は再現性を意識したら良い】
  • 売れる営業になる3つの方法【誰でもできる準備】
おすすめの記事
仕事
目次 フリーランスの払う税金の種類所得税節税できる仕組み節税のためのポイント住民税国民健康保険国民年金個人事業税消費税とはいえ確定申告がめん...